最高品質の MAD PROFESSOR Blueberry Bass Overdrive【送料無料】-エフェクター


Mad Professor Blueberry Bass Overdriveは、エレクトリックべースのために設計された、ハイクオリティでダイナミックなオーバードライブペダルです。

ヴィンテージのチューブベースアンプサウンドを思わせるローゲイン~ミディアムゲインサウンドを作り出します。
Driveノブによって、古いチューブベースアンプと同様に、ピッキングによってダイナミックかつナチュラルにサウンドをコントロールできるサウンドから、より強いコンプレッションのかかった鋭い歪みにまで対応します。
ローゲインセッティングでは、音を歪ませることなくアタックのみを強調することができます。
ゲインを上げると、よりコンプレッションの強い音色となります。

ベース用にチューニングされたNatureノブは、トーンと歪みの微調整を行えます。
ファットなローエンドからアッパーミッドレンジのベースソロトーンまで、幅広く対応することができます。
また、Volumeノブによってベースサウンドをブーストすることもできます。

Blueberry Bass Overdriveはベースで使うことを前提に設計されていますが、他の楽器を接続してローエンドを調整することも可能です。

<Controls>
●VOLUME:controls output
●DRIVE:sets the amount of distortion and sustain, as well as the type of distortion.
 Lower settings give dynamically controlled overdrive, the unit distorts more the harder you strike the strings and there is no definite clipping point, but rather different shades of distortion as the amplitude changes.
 Higher settings will give more compressed sounds.
 A good starting point with most basses is fully CCW, turn the knob until you find the overdrive level that suits your playing.
 Lower settings are good for old school tube amplifier tone, while higher settings gives denser distortion.
●NATURE:is a tonecontrol for filtering and to control what register distorts.
 Turning CCW gives more lowend and also distortion in the lower registers.
 Turning CW gives an emphasis in the upper midrange for more protruding solo bass tone.

<Electrical specifications>
●Input impedance:approximately 500K Ohm's
●Recommended output load:50K Ohm's or higher
●Current consumption:@ 9V DC approximately 4mA
●DC supply voltage range:8 - 12V
●Max gain at 1KHz approximately:50dB
●True bypass
*筐体の色具合が写真と若干の差がありますことを、予めご了承いただけますよう、お願い申し上げます。

【 メーカー在庫依存商品 】
※メーカー在庫依存商品はお取り寄せでも翌日出荷が可能です。
(メーカー在庫品・平日受付時間内)
※商品状態をリアルタイムに反映できない場合がございます。
売り切れの際はご了承ください。